必ずしも性欲発散のために利用するわけでもない

- 必ずしも性欲発散のために利用するわけでもない

必ずしも性欲発散のために利用するわけでもない

皆が思っていることではない

出会い系サイトを利用しているということを他人に打ち明けたら、セックスする相手がそんなに欲しいのか・・・。と言われることもあるかもしれません。

確かに、世間一般のイメージとして考えてみたら利用者の殆どは身体の関係を求めている人ばかりのようにも思えてきてしまいますよね。

しかし、中には特にそのような目的はなく出会い系を利用しているという人たちだって結構な人数がいたりするのです。

出会い目的ではない利用者の人たちが共通して思っていることというのが、孤独を感じてしまっているということになったりもします。

それなりに友達も多い方で、彼氏もいるんだけど、どうにもこうにも気持ちが満たされることがないという人だと、出会い系を利用することにもなるのかもしれません。

相手を見分ける

もしも自分がセックスフレンドを募集しているのだとするのならば、手当たり次第に女の子に声を掛けてみることにするかもしれません。

けれども、肉体関係なんて求めていないような女の子にまで執拗に迫ったりしているとあっという間に迷惑な人間だということにされてしまうでしょう。

相手もきちんとした一人の人間であるということには代わりないので、無理に自分の価値観を押しつけてしまうようなことがあってはいけません。

女の子がそういう目的で利用しているのではないな。ということに気付いたのならばすぐにでも身を引くということが非常に大事なことになるのだと思われます。

慣れないうちはそのように先走った行動を取ってしまうこともあるかもしれませんので、段々と改善していくことにしてみましょう。

用途に合った使い方を

恋人が欲しいと思っているのに、メッセージを送った女の子がセックスフレンドを募集している人だとちょっと悩んでしまうかもしれません。

性的に奔放な女性を彼女にしてしまったら、後から喧嘩の原因にもなることは明白ですし、耐えられないと思うのならば諦めることにした方がいいでしょう。

それでもいいから一度会ってみたいと思うのならば、セックスフレンドではなくて恋人になって欲しいと説得すれば女の子の気持ちも変わるかもしれませんね。

  ← 前の記事: